七五三詣

古く平安時代頃から男女三歳で髪起き、男子五歳で袴着、女子七歳で帯解のお祝いの儀式がありました。これが七五三の起源で、11月15日に日頃の子供の御加護に対してお礼を申し上げ、今後ともどもいよいよ立派に無事育成するよう神社にお参りします。当社では十月中頃より七五三詣のご祈願をとりおこなっています。